発達障害お役立ちトピックス

放課後等児童デイサービス「アレッタ」

発達障害を持つ子を育てる工夫

カテゴリ一 記事一覧

作文が苦手な子どもへの手助け

文字は書けても日記や作文、手紙などを書くのを苦手とする子どもがいます。 もしお子さんにそんな傾向が見られたら、内容と書く順番を提示してあげることで問題解決するかもしれません。 ここでは、子どもの感じる

補助輪なしで自転車に乗るために

補助輪なしで自転車に乗るのは、慣れるまで誰にとっても難しいものです。 自転車には特有のバランス感覚が必要になります。慣れるためにできることをまとめました。 最初のバランスの取り方 補助輪を外していきな

シャンプーに嫌悪感を示す時の対処法

シャンプーに苦手意識を抱えている子どもは少なくありません。 しかし、洗髪は毎日のことなので苦手意識を持ったままでいると親子両方にとって負担となります。 そこで、子どもがシャンプーに嫌悪感を示す時の対処

公共交通機関で騒いでしまうときの対処法

電車やバスなどの公共交通機関において、子どもが騒いでしまうと周りの目が気になって外出が辛く感じられてしまうでしょう。 ただ、だからと言って頭ごなしに「静かにしていなさい」「じっとしていなさい」と叱りつ

整理整頓ができない時の工夫

整理整頓ができない子どもは、学校生活においてプリントをすぐに失くしてしまったり、お道具箱の中の整理ができずに効率が下がってしまったりします。 そんな時、うまく対処できる工夫をまとめました。 整理整頓の

定規でうまく線を引くことができない時の工夫

定規でうまく線が引けないと、定規を使うこと自体に嫌悪感を抱くようになります。 そんな時は、定規に使いやすくするための工夫を施してみましょう。 定規を抑えている感覚が強調されるアイテムを使う 定規で線を

忘れ物が多い時の対処法

忘れ物が多い時は、持っていくものが分かりやすくなるような工夫を生活の中に取り入れるのがオススメです。 子どもが苦手としていることを理解した上で、それを取り除いてあげられるような工夫を一緒に作りましょう

困った行動への対処法

困った行動の理由 「公共の場で大声を出す」「不満に思うことがあると唾を吐く」などといった、子どもの困った行動に直面したときは、頭ごなしに叱るのではなく、何が行動の原因となっているのかを考えるべきです。

宿題に取り掛かるための工夫

学校の宿題をやらない子どもへの対処に困ってしまう親は多いでしょう。 ついキツく叱ってしまうこともあるのではないでしょうか。 日常生活の中に宿題を自然に取り入れられるよう、ここでその工夫をご紹介します。